« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005.03.30

大阪出張 ~京橋はええとこだっせ グランシャトーがおまっせ♪

京橋の「○安」で今年初めてのてっちりを戴きました。最後の雑炊までとてもおいしかったです。
大阪にいろいろ繁華街がありますが私は京橋が一番好きです。

環状腺京橋駅東側の100m四方の濃密さはなんともいえません。
浪花うどんのつゆ、焼肉松井の冷麺、マグロしかない立飲み屋etc たまりません。

グランシャトーのネオンも健在でした。

タイトルについては皆さんの周りの関西人に聞いてみてください。100%歌ってくれます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.27

今日のゼロ戦 ~クランクインまであと8日~

zerosen4

<


今日は迫力をお伝えすべく、いつもより大きな写真でおおくりします。
映画「The winds of god」のクランクインまであと1週間となり、ゼロ戦製作も大詰めを迎えております。
胴体部と主翼の取り付けに苦戦しています。
映画では飛行シーンはロスに現存する実機で撮影します。実機との色をあわす為の見本をプロデューサーがロスから持ち帰るのを待って、そこから塗装作業に入る予定。

今日の南日本新聞にも取り上げられました。(紙面、WEB版ともに) 

南日本新聞「実物大ゼロ戦復元 国分の有志が映画用に」


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.23

日本銀行訪問

CIMG0371会員会議所の前に4月例会の講師打ち合わせの為、日本銀行鹿児島支店にいって来ました。
日本銀行を訪ねることはおそらく人生で最初で最後だろうと話しながら、専務と例会担当の総務委員長の営業車で正面玄関前に乗り付けたところ警備の方が飛んできました。
「お約束の国分青年会議所の方ですね 恐れ入りますが車は裏の駐車場へお願いします」 おお~さすが日本銀行と関心しながら受付へいくときれいな秘書の方がまっておられ、支店長室へご案内いただきました。
尾関支店長さんとはある異業種交流会でご一緒させていただいており、先月の会合の際、ずうずうしく講演をお願いしたところ快く引き受けていただきました。いそがいし中、時間をさいて頂き、色々なお話を伺うことができました。帰る際には秘書の方と駐車場まで出てこられ我々の車が敷地を出るまでお見送り戴きました。大感動。まさに実るほど頭を垂れる稲穂かなと思いました。

尾関支店長をお招きしての4月例会講演会は4月26日(火)19:00よりホテル国分荘で行われます。少し前の新聞に日銀短観と鹿児島銀行の景気判断のズレみたいな記事がのってましたが、我々の普段の足元とは違った視点でこの地域を語っていただけるのではないかと思います。

3月に引き続き一般公開例会ですので、皆様のご参加をお待ちしております。お問い合わせは国分JC事務局または私まで。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.03.22

3月例会 ~恐竜の竜 太平洋の洋~ 

3gatureikai京セラホテルにて3月例会。
1月は総会、2月はブロック鹿児島会議ときましたので通常の例会スタイルは本年度は初めてです。

メインプラグラムはフリーアナウンサーの春田尚子さんを講師に迎えての「人を動かす説得力セミナー」。
‘説得力のある話し方’について参加者の実演を交えながらポイントを教えていただきました。
講師の春田尚子さんは鹿児島JC初代理事長故春田陽三先輩の娘さん(お嫁さん)だそうです。

私は本当にスピーチが苦手でして、今日の理事長あいさつにしても、ここでいう駄目なスピーチの見本のようなものでありました。本当に嫌になります。
講師がおっしゃったポイントにもありましたが、聞く人に思いや情報を伝えるには、やはりしっかりと準備することが大事だと思います。そこそこうまくいったなと思うスピーチができた時はそれなりに事前に内容の整理ができた時です。
「何とかなるわ」と思って何もしていない時で何とかなったためしはありません。
理事長ということでスピーチする機会からはどうあがいても逃げられないわけですから、覚悟を決め、今日教わったことを実践する機会が多数あるという発想でいきたいものです。

公開例会ということで多くの会員以外の方の参加をいただきましたが、今日ををきっかけにともに活動できる方がひとりでも増えればと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.03.21

takeshima.com

竹島問題あちこちで皆さん書かれており、このブログで書いてとのリクエストもいただいたので私も。

韓国がヒートアップしだしてから朝鮮日報のHPをずーとみてたんですが昨日の記事でこんなのが

「独島(トクト)」をはじめ独島の日本式呼称である「竹島」関連ドメインのほとんども韓国が先に取得していることが20日、明らかになった。韓国は「takeshima.net」「takeshima.com」、「takeshima.org」など竹島関連サイト名を全て先に取得している。
 「takeshima.net」は慶尚(キョンサン)北道が運営する公式サイバー独島サイトにつながり、「takeshima.com」は韓国のサイバー外交使節団VANKの海外インターネット韓国関連誤びゅう是正キャンペーンサイトにつながる。
 一方、日本の国内用ドメインである「takeshima.go.jp」「takeshima.or.jp」などは申請者がいなく、誰でも登録できる状態だ。「takeshima.co.jp」は日本の竹島製薬が会社サイトとして使用している。

さすがサイバー先進国と関心しました。 記事では触れていませんが、私が調べたところ takeshima.jp も韓国人がもってました。

今日は「韓国トヨタが新車発表会取りやめ」とか、ぺ・ヨンジュン「独島は大韓民国の領土」とか書いてます。


私のこの問題への考えは産経抄の言葉をかりて申し上げますと、

「百歩は譲っても、百一歩は譲れない」。こじれた人間関係を言った言葉だ。謙譲は日本人の美徳だが、際限なく譲ると自分を失う。領土とはこの譲れない一歩だ。  

朝鮮日報 日本島根県の「竹島の日」条例案波紋

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.20

ソニー千葉

今井雅之さんの映画「The wind of god」のクランクインが4月4日と迫ってまいりました。

最近街で会う人会う人に「ゼロ戦どうなってる」と聞かれます。この間市長さんにも聞かれました。
取引先にもうわさは広がっており、「・・・ところでゼロ戦作ってんだって・・一度見せてよ・・・」といった電話もよくあります。
みなさんの期待関心の高さとは裏腹に製作はなかなか苦戦しています。この連休も返上でやってます。
応援してくださる方もいろいろいらっしゃいまして、この間はJALの整備士の人たちが来てくれました。

4月2日にはこのゼロ戦を滑走路に運び、機体の前で今井雅之、渡辺裕之、千葉真一(?)が記者会見するそうです。今週がヤマ場です。

いままだこんな感じです。大丈夫かな・・・

kumitatefubouhane

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.19

失われた2週間

数少ない定期ウォッチャーの皆様ここ2週間ほど更新をサボっておりスミマセン。

サボってる間にアクセスカウンターは風前のともしびです。

↓ 3/7~3/16 まとめて更新しました 宿題はためちゃいけませんね

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.03.16

90式戦車

昨日家に帰り郵便受けを覗くと日本JCからの広報誌が届いていました。
半透明の袋越しに表紙をみると・・・  また今月も・・・・ (1月F-15 2月イージス艦 3月90式戦車)

目次にある「表紙について」の言葉を読むと同感でもあり、「国防」は論ずべき重要テーマであると認識しているのですが、それと会員4万人に配布する広報誌の表紙デザインがこれであるというのは少々違うと思います。

雑誌の表紙はその内容とは別なメッセージ性を持つこともあり、そこを狙ってされているのであれば、正直センスを疑います。「表紙について」には署名がありませんのでよくわかりませんが、これは会頭さんの意向なのか、それとも担当委員会、編集プロダクションなのでしょうか。
直接会頭へお尋ねしたいところですが、日本JC3月総会にも出席できず、公式訪問もまだ先です。今の情報で判断すると間違っているとはいいませんが、センスが宜しくないと思います。

LOMやブロックの中でもよくウイビィリーブは無駄だとかの意見がでますが、私は全国規模の4万人の会員を有する組織として必要なものだと思っています。紙面のクオリティーも高いと思います。
それだけに3ヶ月続いた表紙は本来の意図と違うところで誤解を招くようで残念です。
来月以降もこのシリーズが続くのでしょうか。3ヶ月単位でテーマが変わることを願います。

↑これは九州JC理事長メーリングリストに私が投稿した内容です。このメールは結構反響を呼び各地の理事長さんから多くの意見がよせられました。
国分JCの皆さんはどう思われますか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.15

確定申告

今年は住宅を購入し、それに伴い親から資金の一部の贈与を受けたこともあり準備する書類も多く、申告期限ギリギリの提出となりました。

私は以前から気になっていることがありましてそれはネット取引の税金です。
これだけネット取引が広がってくるとそこで取引されるお金はすごい金額になっているわけですが、そこでの取引にかかる税金はどうなっているのでしょうか。特にオークションなどは形態は個人取引ですが、業者的にやってる場合も多く、そこで発生している利益に適正な税務処理がなされているとは思えません。まずネット取引の場合所管の税務署はどこなのでしょうか?現状ではその取引実態を捕捉するのは極めて困難だと思います。海外ともボーダレスですしね。

わが国の税務当局はいやになるほど優秀ですので、これに対応する何か良い方法を考えているのでしょうが、いまのところあまり話題にもなりませんね。

しかし贈与税の納付は痛かった。トホホ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.13

舞鶴鍋 2500人前

国分市主催の駅伝大会に国分JCも参加者への食事の提供という形で毎年参加しています。
これがなかなか大変な事業なのであります。

準備は前日のユニック車での搬入から始まります。当日は朝6時から仕込みスタートです。
zyunbi1zyunbikirikomimatuhito


<


今年は新潟地震の炊き出しで好評を得たクリームシチュを2500人前用意しましたが、あっという間にSOLDOUTとなりました。nabehaifu2haifukanbai


<


この日は本当に寒かった。市長さん、市議さん、婦人会長さんとの突然座談会も行いました。
zadankai


<


最後のかたづけまで参加いただいたメンバーの皆様お疲れ様でした。
katazuke1


                                       

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.11

3月度理事会

ホテル京セラにて3月度理事会が行われました。
今回も当初日程からの変更開催となり、何名かの理事役員の方が欠席となりました。一番大切にすべき会議の日程がころころ変わったり、当日の欠席者が出るというのでは話になりません。責任者として深く反省しています。

審議事項4件、協議1件(部分審議)。委員長さんは自分の案件でいっぱいで他の案件への意見まではいかない様子。慣れてくればと思いますが・・・・。
来月は当然のこととして全員出席でビシッと行きたいものです。頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.08

愛・地球博  

この日記には会社の仕事の具体的なことは書かないようにしているのですが、今回はその掟を破らしていただきます。(あまりにしんどかったので)

わが社は照明器具の製造をしており、特に店舗施設向けの器具は2月3月は非常によく動き、その対応に追われます。ありがたいことです。 
そんな中ある得意先メーカから超特急の別注器具の注文をいただきました。愛知万博のパビリオン向けとのことです。こう言った現場はかなり前から動いているのですが、最後の最後でひっくり返しひっくり返されたり、納期短縮・機種変更・台数変更・ドタキャンなどは良くある話です。しかし今回のオーダーは器具も難しく、日程もあまりにもありません。TVでもうすぐ愛・地球博開幕といってます。こういう話は担当者レベルを飛び越しお客様のトップクラスから来ます。「無理を承知で・・・・ そこをなんとか・・・ これができないと大変なことになる・・・」こうなるとこちらに断る選択肢はありません。
最終リミットは3月8日。こちらも同じ手法で部品メーカー、外注先に頼み込み、あるゆる物流手段を使いモノを集めます。部品がすべて揃ったのが3月7日の午後6時。通常のラインは終わってますのでここからは管理職を集めての対応です。
全50台が組み終わったのは翌朝6時で、始発の飛行機でセントレアへ向けて無事出荷されていきました。
ああしんどかった。

愛・地球博イタリア館に行かれた際はこの話を思い出し天井を見ていただくと幸いです

こんな器具です
52375

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.07

発作的座談会 ← 決して単なる飲み方ではありませんよ

国分JCは数年前から地元ミニコミ誌の中に対外広報誌を掲載しており、本年第1号の企画で2ページほど記事を書くことになりました。そのネタ探しも含め専務理事が企画した座談会に参加しました。

専務が選んだメンバーは地元M日本新聞のM支社長、このミニコミ誌の編集人も務める第2代理事長のA先輩、そして私で、4人で食事を取りながらということとなりました。

この座談会企画、テーマを決めるのも発作的、話の展開も発作的、つまり行き当たりばったりの展開で進行し、時事ネタのライブドア、コーポレイトガバナンス(ちなみにM日本新聞社は戦前の新聞事業令を頑なに守り、完全社員株主制で、フジサンケイの対極にあるような珍しい会社です)から、最後はなぜか狂言の話まで行き着きました。その後河岸を変え座談会は延々と続きました。翌日は頭が少々痛かったです。

このブログのサブタイトルでもあり、今年の私の個人スローガン「仏作って、魂探す」についても盛り上がりましたが、このことは又別のトピックで書きます。

結果的にこの座談会の内容がまったく反映されていない本年第1号の広報誌は3月25日発行予定です。お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.05

南から来た人

matuyamasan会社に突然奄美大島JC徳之島委員長の松山勝美さんが尋ねてこられました。
今井雅之さんの映画「Wind of god」の件でした。知覧の特攻基地から飛び立った飛行機は途中徳之島の基地で一泊し、沖縄に向かったそうで、そこでの歴史的事実を今井さんに伝えたいとのことでした。アメリカでの撮影ツアーに参加する予定で、映画公開前の舞台のツアーを徳之島に誘致できればとのことでしたので私も何か協力できればと思います。お土産に頂いた黒糖焼酎おいしかったです。ありがとうございました。

最近このブログもコメントがふえてきました。↓のコメントをクリックすると書き込めます。初期設定を変更しましたのでメールアドレスの記載もいりません。お気軽に書き込みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.04

出産費用

家内と息子の退院の日となり夕方病院へ行く。入院費用の請求は6泊7日で44万円也。健康保険から後で一時金が30万円支給されるが、残りは自己負担となる。これは若い夫婦の方にとってはかなりの負担になると思います。
出産は健康保険の基準では基本的に病気ではないので検診費用もすべて自己負担です。合計特殊出生率が1.3を割る現実ではここらを抜本的に見直す必要があるではないでしょうか。2人目以降の出産をためらわすのはやはりコスト的な要素が大きいと思います。

以下は日経新聞で元旦から連載していた「少子化に挑む」からの引用。
▼出産費用は約40万円。仮に去年生まれた110万人分を国が負担すると4,400億円。2005年度に住宅金融公庫の損失処理に使う公的資金とほぼ同額。未来への投資と負の遺産の処理とでは重みが違う。▼110万人に100万円を出産祝いとして贈ったら1兆1千億円。日本道路公団による年間の道路建設・維持費用と同水準。こどもが増えねば道路を使う人も増えない。▼小学入学前のこどもは690万人。1人月5万円の育児手当を給付すると年4兆1千億円。44兆円の公的年金給付のの10%。

経済的支援だけで出生率が向上するわけではないでしょうが、これぐらい思い切った政策投資が必要ではないかと思います。高齢化が進むスピードを考えると議論している時間はあまりないのではないでしょうか。

2人で所帯をもつわけだから、人口的には2人のこどもでチャラ。世の中にはつくりたくても出来ない人も、所帯を持たない人もいる。幸いにしてこどもをつくれる環境にあるからには3人は義務だと思う。そんな話を家内に熱く語ると、「産むのは私。」と一蹴されました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.03

県議会一般質問

KENGIKAIJC改拡委員会の酒匂卓郎君が県議会で一般質問に立つとのことで傍聴に出かける。議会は10時より始まり午前中の2番目の質問者として酒匂君が登壇した。質問の冒頭で「本日は所属する国分青年会議所の仲間が傍聴に来ています」との発言があり、議場の全員がこちらを見たのでビックリしました。50分の持ち時間で①農業畜産問題②教育問題(生活指導ネットの実態)③県内の犯罪の状況についての質問が行われ、知事、教育長、県警本部長が答弁にたちました。③については県内の振り込め詐欺の実態について初めて報告がなされ、当日夕方のTVニュースでも大きく取り上げられました。これらの質問を通し、地方分権、市町村合併が進む中で地域社会の問題解決力=地域力への取り組みが必要とのことを訴えられた様に感じました。(話は違いますがNHKでやってる「ご近所のチカラ」はタイムリーな番組ですね)
質問終了後思わず拍手をしてしまった事務局長堀之内君は守衛さんに厳しく注意されてました。

終了後県議会事務局にて酒匂君、国分市選出の山田議員と懇談し、ウラ話的内容も含め県議会活動についてご教授いただきました。代表質問、一般質問共に一種のセレモニー的要素があるのも否めないが、その形成過程において執行部との膨大なやり取りが存在すること、チェック機能だけではなく政策(条例)提案の取り組み等を教えていただきました。改革派と称する知事さんの議会では事前通告からのやり取りをなくし、ガチンコ的にされるところも増えているようですが、今後新知事のもと本県はどうなるのか興味深いところです。

今回の傍聴は私の急な発案で行い、メンバーに十分呼びかけることができませんでした。酒匂君の冒頭の発言のように私たちがJCとして行動すればそれなりの注目を集めます。町内会の人が傍聴にきても「今日は町内会の皆さんがきています」と言う風には言わないわけですから。今後この様な「現場」に接し、学ぶということを皆で共有できる機会を多く設けられればと思います。新聞で読んでいるだけでは見えてこないことも多々あります。(その新聞すら読まない人もいますが)

議場を良く見ると瞳を閉じ瞑想にふけっている先生方も結構いらっしゃいました。さすがに携帯メールをしている人はいませんでしたがね。

酒匂君のブログ TAKUTAKU日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.02

108番ゲート

朝からのお得意先訪問を終え羽田空港へ。今日は電車に乗っている時間のほうが多かった。(横浜→大船→青梅→羽田 4時間半!!)

空港売店をのぞくといつも売り切れている「牛たん麦めし」があったので定番の崎陽軒のシュウマイと共に購入し、ラウンジへ。「牛たん麦めし」は大失敗であった。何じゃこりゃの味。浮気せずにまい泉のかつサンドにしておけばと後悔する。

全日空は第2ターミナルになり、90%以上の便がボーディングブリッジでの搭乗になったらしいのですが本日の鹿児島便は依然バス搭乗でした。大分、宮崎など九州便は依然バス搭乗が多いようです。新社長は鹿児島出身ですけど何とかならんですかね。4月から空港施設料もとるのにね。この問題九州JCの絆で抗議してはどうでしょうか。関係ないか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.01

JAPAN SHOP

LIGHTFAIR有明の東京ビックサイトで行われている店舗総合見本市 JAPAN SHOPへ。我々の業界も2年に1度JAPANSHOPの中で、フェアを行っている。朝から出展しているお取引先様のブースを回る。

午後からはJAPANSHOPの他の展示会を見学。こういう他の業界の展示会を見るのは色々な驚きがあり楽しい。
そこで万雄と言う会社のブースを発見。この会社が日経にいつも出している全面広告が以前から妙に気になっていた。アイデア商品というか、B級品というか、バッタもんというかそんな商品がところ狭しと陳列されていた。「災害お助けくん」をGETする。

横浜泊まり。夜は会社の安倍君と焼肉。センマイがおいしかったが食べ過ぎた。
万雄「災害お助けくん」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »