« 天空の森 | トップページ | 鹿児島100km徒歩の旅 IN 国分 »

2005.07.31

イムジン河 ~京都駅の南側~

B0009G3F16『パッチギ』のDVDが届く。

誰かが言っていた「井筒監督はもう死んだほうが良い これ以上の映画は撮れない」に同感。

『ガキ帝国』とこれで十分。

京都のディテールに感銘。                                 

                                          

見ていて無性に京阪電車に乗りたくなった。

新福菜館のやきめしと山本のマンボが食べたくなった。

阪神パークはショッピングセンターになった。レオポンの剥製はどこへいったのか。

見終わってTVをつけるとサッカーは北朝鮮が勝っていた。

|

« 天空の森 | トップページ | 鹿児島100km徒歩の旅 IN 国分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77632/5250464

この記事へのトラックバック一覧です: イムジン河 ~京都駅の南側~:

» 河は越えられたのか◆『パッチギ!』(2回目) [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
1月30日(日)くもり / 『パッチギ!』(TOHOシネマズ木曽川) この前買った、『パッチギ!』のサウンドトラックを全部通して聴いてみた。うーーーーーーーん。微妙。「唄」が入っているのは、『イムジン河』(3曲)と、『悲しくてやりきれない』と『あの素晴らしい愛をも...... [続きを読む]

受信: 2005.08.19 08:21 午前

« 天空の森 | トップページ | 鹿児島100km徒歩の旅 IN 国分 »