« THE WINDS OF GOD IN KIRISHIMA | トップページ | 8月総会 »

2006.08.15

8月15日

早朝からTVは全局特番体制。靖国でもホリエモンでも同じ。

行われた行為には必ず結果があり、当然結果責任が生じる。結果には検証が必要。

責任というものは必ず個人に帰属する。

こんな局面には再度それぞれの立場での整理が必要だと思う。

今年読売新聞は満州事変以降を昭和戦争として戦争責任の検証を行った。その論調には色んな意見があると思うが整理の仕方としては大変わかりやすいと思う。

最終報告の8月13日、15日の記事をアップしておきます。

8月13日読売新聞記事

8月15日読売新聞記事

|

« THE WINDS OF GOD IN KIRISHIMA | トップページ | 8月総会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77632/11457485

この記事へのトラックバック一覧です: 8月15日:

« THE WINDS OF GOD IN KIRISHIMA | トップページ | 8月総会 »